Amazonで「Sushi Nori・Tarako・Nattō?」日本製に化けた私達の料理w

MBC報道のGoogle翻訳です。続いて、今日このニュースお伝えします。私たちの南道特産物が世界最大の電子商取引市場であるアマゾンで韓国語ではなく、和製英語の名称に広報、販売されています。ところが販売店が、国家機関という点がより素晴らしいです。ないものを見つけるのは難しいが、世界最大の商取引サイトアマゾン。検索窓に「金」の日本式英文表記である「寿司ノリ(sushi-nori)」を入力してみましょう、様々な金製品が検索されます。その中の目には、製品が目立つんです、「ダブル焼きより美味しい海苔」という韓国語商品名で一般に「ノリ巻き」と呼ばれる日本式のり巻きの写真が見えます。日本製品はありますか?たいが、知ってみると全南道で作成されたブランドの製品です。私たち地方自治体が韓国語ではなく、日本式表記で、私たちの料理を促進しているのです。このだけありません。明太子味金クッキーは日本式英語表記であるタラコ(Tarako)で、清麹醤粉末は納豆パウダー(Natto powder)という名前で堂々と売っています。さらに清麹醤粉末の詳細は納豆種菌である北大西洋条約機構キナーゼのあらゆる利点まで説明して修正した。しかし、よく知られているように納豆の種菌は、チョングッチャンと全く違います。このようなとんでもない説明にしたバイヤーは「味なく、高価で、NATOのキナーゼが入っているかもはっきりしない」と購入の注意を呼びかけている商品後期を残した。グローバル時代に多言語広報は一般的なことであっても問題は、「金(GIM)と呼ばれる韓国語の代わりに和風表記のみ広報したということです。主な顧客である海外同胞の失望が最も大きくなります。SNSには失望と批判のコメントが走り、ホームページには表記の変更を要求する請願が登場しました。全南道の解明ですが、【全羅南道道庁の関係者]「製品のパッケージやデザインは、現地で広く知られている表記方法を活用して、米国現地アマゾン販売代理店と道内の輸出企業が直接決定し、設計したものです。」しかし、全南道も、事前に日本式表記の事実を知っていたことが明らかになった。【全羅南道道庁の関係者]「指摘があった直後に/一般情緒に反すると判断をした... "殺到する批判に、最終的に全南道はリンゴ公知と再発防止を約束しました。【全羅南道道庁の関係者]「今後のパッケージデザインとか、このような部分も当社の従業員が関与をして検収を取得し、製品の詳細ページにも多検討する予定です。」今日このニュースでした。

関連動画

Twitterでのつぶやき

動画情報
動画サムネイル Amazonで「Sushi Nori・Tarako・Nattō?」日本製に化けた私達の料理w
投稿時間 2020年07月15日 14時04分
再生数 498
コメント数 25
マイリスト数 4