【事故】JR京浜東北線・川崎駅で脱線事故(2014/2/23)

 時事通信によると23日午前1時10分ごろ、川崎市のJR川崎駅構内で、京浜東北線の桜木町発蒲田行き回送列車(10両編成)が、線路上に止まっていた工事用車両に衝突した。JR東日本によると、回送列車の1両目が脱線、横転し、運転士(34)と車掌(25)が軽傷を負った。神奈川県警は工事関係者から事情を聴くなど、列車通過前に工事用車両が線路上にいた理由を調べている。 同社や県警によると、京浜東北線は最終電車の運行が終わっており、回送列車に乗客はおらず、乗員は運転士と車掌の2人だけだった。先頭車両にいた2人は横転した車内に閉じ込められたが、消防隊員がガラスを割って救出した。列車は2両目も脱線した。 衝突された工事用車両は資材などを運搬するため、ホームから東京寄り約100メートルの位置に停車していた。工事は回送列車の通過を確認後、責任者が線路を閉鎖する手続きをした上で開始されることになっていたが、工事用車両は閉鎖手続きが行われないまま線路内に入っていた。 運転士は「時速約60キロで走行していた際、100~200メートル手前で車両を発見し、非常用ブレーキをかけた」と説明。工事用車両の操作担当者は「車両を誤って線路に乗せ、外そうとしたが間に合わず退避した」と話しているという。

関連動画

Twitterでのつぶやき

動画情報
動画サムネイル 【事故】JR京浜東北線・川崎駅で脱線事故(2014/2/23)
投稿時間 2014年02月23日 20時38分
再生数 14,229
コメント数 124
マイリスト数 23